本校の英語4技能育成プラン

知識や技能だけではなく、「思考力・判断力・表現力」や「主体性・多様性・協働性」など総合的な評価を取り入れた大学入試改革が、2020年度から本格的に始まる予定です。

このうち英語では、「聞く・話す・読む・書く」の「4技能」すべてが重視され、民間の資格や検定試験の結果が活用されることとなります。

そうした新制度に対応するため、春日井高校の英語の授業や補習では、生徒の主体性や問題解決型の思考力を育成するとともに、これまで以上に「聞く」「話す」の技能に焦点を当てていきます。また、生徒たちには外部検定試験についての情報を提供し、適切に対応できるよう対策をとっています。